2004年から2011年12月末までの倉庫ブログです。
by pontika
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
あなたをあいするものより②<ヘタリアバージョン>
2009年 02月 15日 |
①はこちらから
続きは↓からです。



テーブルセッティングは完璧なのに、主役が来ない。


もしかしたらポストに収まるサイズで、知らないうちに届いているかもしれないと何度も家と玄関口を往復した。差出人の名前が書いてある品に紛れていないかと確認してみた。なかった。
いつもならもう届いてもいいはずの時間を2時間は過ぎ、あたりは夕闇に覆われようとしている。
普段は自分から淹れたりしない紅茶を用意して、なんとなく花とか飾ってみたりして、なんだかこれじゃすごく楽しみにしてるみたいだ。

・・・・今年はあまりに失敗しすぎて贈るのも憚られる出来なんだろうか。

俺以外に贈るとか、忘れていたとかはない。はず。



******************************************************

大小の箱や袋たちをリビングテーブルに運び並べる。
セーシェルがぱたぱたと、最後の一盛りを運んできた。
「これで全部ですかね?フランスさんもてもてですね!」
「まあ半分はあいさつ代わりみたいなもんだけどな。送り状とってそっちにまとめといてくれ、来月必要になるから」「ウィ。」素早く鋏を取り出し、丁寧に切りまとめはじめてくれた。俺もひとつひとつ手に取り、愛らしい花やリボンで結ばれたそれらに目をやった。
今夜からいつにもまして念入りに歯を磨かねば俺の可愛いマドモアゼルたちにもうしわけない。
 
 「あれー?これどうしたんでしょう。差出人の名前がありません」
「何だって?見せてみ」
「うぃ。」
手渡されたそれを見つめる。あれ、そういや目の前にいる存在からはもらった覚えがない。期待はしていないけど。期待はしていないけど。

「秘密の贈り物なんてシャイなレディがいたもんだ。恥ずかしがらずに明かしてくれればいいのに可愛いなあ中はどんなに甘い―・・・・・おぉ?」

「フランスさん?」

「これ、俺宛てじゃなかったわ」

宛先欄には、少し尖った細い筆跡で、本来届けられる者の名前が書かれてあった。
めんどくさいことに、よく見知った字だった。


***********************************************

CALLが来ない。

別にアメリカからの電話を待っているわけではない。
ただ今日は一日ホームワークで、仕事の用件がかかってくるからだ。今のところ上司や部下からの打ち合わせというビジネストークだけだけれど。

―――今年はそれはそれは美味で、非の打ちどころのなさに感動、とか。

そんな自信はかけらもないところが虚しい。上手くなどないことは自負している。
うん、でも、毎年確実に進歩していると思うし、今年は焦げてもいなかった。
いやこのさい出来はどうでもいい(よくないという声も聞こえないし)

なんでもいいから、声を聞かせろよ。
よかったのかわるかったのかそれすらわからねぇじゃねえか。

うんともすんとも言わなくなったそれを見おろして、溜息をついた。


*****************************************************


LULULULULULULU・・・・・・・・・・・・・。

 「Hello?」

「アロー、愛の国からごきげんよう、フランス兄さんだよー」
受話器越しにワインの匂いが伝わりそうな声が聞こえた。
「なんだ君か。ずいぶん浮かれてるようだけど、何の様だい?」
「おいおいなんだシケた声だな。今日は世界中で愛の告白/確認日だろ?
あれか、心待ちにしてる相手からの愛が届かなくてイライラしてるってとこか?」
 によによしながら何か言っている。なんだそれどういう意味だ。どこかで見てるのか。
「君には関係ないよ!酔ってるなら他当たってくれないかい。」
 我ながらイライラした声だと思った。勢いよく通話終了しようとボタンに指をかける。
「まあそんなこと言わずにさ。ちょっとこっち出てこいよ。愛のおすそわけしてやんぜ?
あとお前に渡すものもあるし。送ってやってもいいけどお前がくるほうが早いだろ?」
「は?何それ何かあったっけ。いや俺は今日は外に出れないんだ、」
「差出人不明の贈り物を待ってて?」
 全部見透かしたような言い方でははっと笑う声。え?え?
「字って書いた奴の性格とか体格とかにじみ出るよなー、細くて尖ってて斜め向いてていかにも捻くれてますー、みたいな。気持ちのベクトル目標に向かって一直線!みたいな。そのくせ変な意地張って自分から贈ったとか一切書かない、書けない?今さら隠すこともないだろになんてまあ、やっかいなでもそこが可愛い、と」
「ちょ、フランスそれって。」
「「DEAR America」 」
「っ!!それ!俺が行くまで食べちゃだめなんだぞ!絶対だぞ!!」

ああもう。いったいどうやったらそんな間違いできるんだ。
誤配にもほどがあるぞ!?

自家用機で最短コースで、どれくらいで着くだろう。


LuLuLuLuLuLuLuLuLu・・・・・・・・・・・・・。

全速力で家を飛び出した俺は、だからその後の電話のコール音には気付かなかった。

****************NEXT


あれ、終わらない。あれ、終わらない・・・?
いったんアップ。次で終われ。終われー!

単にチョコがほしい19歳に見える文面だったらどうしよう・・・;
あとほんとありえないです。仏/米間の誤配とかそんな。どんな配送ミスそれ。
[PR]
by pontika | 2009-02-15 23:47 |