2004年から2011年12月末までの倉庫ブログです。
by pontika
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自分の心の言葉で立って。
2010年 07月 04日 |
ツイッタで思わず熱く怒ってしまった・・・反省反省;;;
いかんですねカッとなると・・・いくら自分が「これはおかしい!」と思っても。
ただ「おかしいおかしい!私が正しい!」って主張する表現じゃ伝わらないよな・・。
いくら自分が納得してなくても、自分の正しさ盾にしてモノ云ってるんじゃ2年前と変わらないじゃん。
今回は個人相手じゃないから何か関係が事切れることはないけどね・・・。

でもちょっと黙ってられないので、暴走しないように気をつけつつ、自分の「意見」を述べてみます。


ちょっと前に「みんなのうた」の中の一曲、「コンピューターおばあちゃん」の映像表現問題がありました。
簡単に言うと「曲の最中に流れるアニメ映像にわいせつな映像が垣間見られる、不健全だから変更して」というクレームがついたそうです。NHK側はそのクレームをのんで、映像の一部を変更するそうです。

最初そのニュースをきいたときも「はぁ!?」となりましたが、そのときはスルーしました。
おかしいおかしいと思いつつ・・・・・。

で、今日。

昔、通販で「みんなのうたDVD集」を購入したのですが、そのなかに件の問題とされた歌も入っていて、帰宅してみたらその通販元から郵便が。


で、その問題の歌が入ってるDVDを。

映像を変更した新しいDVDを送りましたので旧DVDを当方に送り返すか破棄してください、と。のこと。


ご丁寧に郵便切手不要の封筒も同封されてるという・・・・・。



なに、してんの???????



ちっとも冷静になってなくてすいませんorz



いや、あの・・・・。
あの映像には確かに「スタイルのいいおねーちゃん」は、いたような気がする。
けど、さ・・・??????

そんなこと言われるまで気づかないヨ!!!!?????


ていうか気付いたところで何も気にせん。


子供向け番組で、そういう映像が流れて、でも当の子供が、そんなこと云ったためしが、あったか・・・?


でも気になる人は気になるんでしょうか。ただのいちゃもんつけとしか思えないんですが。

NHKもなぁ・・・・、いくらそういうクレームがきたからって、平伏して変えてしまうって・・・どうなの・・・。
いや悩むに悩んだ末だったらすいません;;;でも・・・でも・・・・おかしくない???
あの映像、あの曲、もう何十年と流れてきたもので、多分私と同年代、上、下の時代の観てた人達が「ああ、懐かしいねv」っていうようなメジャーな曲ですよ・・・?最初何事かと思ったわ。何も心当たりなかったもの。


なんていうか、一番云いたいことは、「ほんとに自分たちで、自分で考えてる?」ということです。
そりゃ世の中いろんな人が、いろんな考え方持ってる人がたくさんいるから、賛成意見、好意的意見ばかりじゃないです。それは反対だ、それは嫌いだ、っていう意見があって当然。私だって好き嫌いあります。
でも、たとえ相手と違う意見だとしても、「こっちが正しい」「どっちが間違ってる」ということを、一方的にぶつけて喧嘩にもならないような状態にしちゃうことが、すごく引っかかります。
「云われたから折れる」とか「おおごとになる前にその問題の元を消してしまう、変えてしまう」とか・・・。
相手の意見を受け入れて、でもなおかつそこから自分で考えてみる。そこから動いてほしい。

あんまり人のこと言えないけどな・・・・・。自分で考えて選んだとはいえ、選んだ結果があれだからな・・・・。


ちょっと話はそれますが、同人関係もそんなのちょっと最近気になるのです。
クレームがついたからって、恐る恐る作品作ったり、・・・それはまだ「がんばってください!」と言えるけど、クレームのせいでサイトやサークルやめちゃったり・・・・やめるかも、だったり・・・。
確かに同人はひっそり静かに活動していくほうがなにかといいけど、精神的には堂々としててほしいというか・・・。
好きなもの、好きなことを、堂々と胸張って、楽しんで作ってほしいです。
いろんな意見が考え方があるのはわかってる、クレームがつくこともあるでしょう、でも。
あなたの作品を待ってる人だって、確かにいるんです。

反対意見を聴くのは大事、でも、それ以上にその意見に流されず、「本当は自分はどう思うのか」をもう一度考えてください。それが他人の意見とは違っても、自分が「こう思う」のなら、自分の思う通りに動いてほしい。
他人に同意するのも、自分の意見を貫くのも、他人と自分の意見を折衷するのも、あなた自身が決めてください。

そして、自分の中の本当の心の言葉と、あなたを待っている人のことを、一番に考えてください。


えらそーにすいません・・・;これが私の気持ちです。押しつけてるわけじゃないのです・・・。うーん、語るって難しい。
[PR]