2004年から2011年12月末までの倉庫ブログです。
by pontika
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
徳島旅行レポ②2010/9/4
2010年 09月 23日 |

徳島レポ①
徳島レポ②←この記事です。
徳島レポ③
徳島レポ④
徳島レポ⑤

おはようございます徳島レポのつづきです。なんかどこまで続くのってかんじになりましたがまだ一日目の半分も終わってないのよね(笑)自分たちにはすごく面白かったけど客観的にみたらどうなんだろうな;;




エディを出てうずの道へ行きました。大鳴門橋から観る海!海の色がすごく綺麗でしたー!エメラルドグリーン!?コバルトブルー!?大阪じゃ観られない色です。あとでうずしおも観れたし、綺麗な色を目に焼き付けてきました。今手元にうずしお写真のポストカード(阿波踊りの参加賞)があるんですがそれを観ながら「いい旅だった・・」と思い返してます。また行きたい四国!徳島!

そのうずの道(大鳴門橋内)の中をずんずん進んで行った広場(?)にて、阿波踊りの披露がありました。
おおー!はじめて直に観ました。パワフルな動き・・!足腰大丈夫・・?と思うほどの動き。メディアで一番とりあげられる傘のお姉さんは知ってたけど男の人2人組とか女の人2人組とかちびっこたちとかは初耳でした。ん?連によって構成メンバー違ったりするのかしら。阿波踊り会館にあった阿波踊り本をもっとじっくり読んでおけばよかったかな。
ちびっこがかわいかったですvちょっとたどだとしい子もかわいいしセミプロだな!と思うような上手い子もかわいいし、ときどき歩みがとまって大人組に背中押されてるのもかわいいし(笑)
傘をさしてない女の人二人組と、脇で固める勢いのある男の人2人組がかっこよかった!動きが鋭い・・!
傘のお姉さん陣をたてているようでいてそれぞれの演技もしっかり際立っているという・・・。かこいいなあv

そんな素晴らしい阿波踊り披露が約半分、残りの時間は観客参加の阿波踊りでした。
その時点で帰っていく人も多かったけど半分くらいは残ってたのかな。
まあ・・・観るのはともかくにわかでやるにはちょっと恥ずかしいしね。
でもまあ、せっかくきたんだし、ということで、


c0007115_23152845.jpg



c0007115_2316666.jpg



c0007115_23164376.jpg




仕方なく一人ぎこちない手つきで地味に踊りました(あれを踊ったというのか)



ていうかー!踊ったら参加賞として渦潮のポストカードもらえるんですけどおー!
一度もらって、相方に預けて(もったまま踊りにくい)また踊ってたらまたいただいて(すいません)
相方「ふっ・・・・。郷歌にやらせて(参加賞)もらう計画通りv=v=v」
とか呟くし。腹黒い・・・!腹黒い人・・・!(笑)


そして踊った私はまた予想外の運動をしたことに気づきました。。。えっなにこれカルチャースクールの旅?



そんなこんなで満喫した阿波踊りが終わって、千畳敷を見たり砂浜で海を見たりうどんを食べたり。
いやー、歩いた歩いた、どんだけ坂を上り下りしたんだか。まさかのハイキングコース。鳴門って運動靴はいていったほうがいいですね!サンダル闊歩でも楽しんだけどね!ほんとちょっとした(ちょっとどころでない)ハイキングです。
海は、なんでみんな砂浜で水遊びしないんだろー、と思ってたのがどうしてかわかりました。
ひっ・・・・・!!!!!!!びっつつつつつしりと・・・・・・・!!!フナ虫?????????
でもこの自然を守ってるんだろうなーと思うとなんともかんとも。



おひるは海と橋が素晴らしいパノラマで見渡せる喫茶店にて、うどんを食べました。
素朴な味で、七味を振りかけておいしくいただきました。おいしいものと綺麗な景色は最高ですv



それからも、展望台まで登ったりその近くの茶店でアイスクリーム食べたり、歩いたり歩いたり歩いたり、なんかひたすらいろいろなところを歩いていました。行かなかったけど美術館を展望台から眺めたり。どんだけ高いんだ・・・・海までの高さがはんぱない。歩くにははんぱない。でも景色はほんと最高でした。
遊覧船もみかけて「イギリスの船みたい!」とはしゃいでたら相方にしょっぱい顔されたり。でも何度も見かけるたびに言ってたらそのうちなじみました。「あ、イギリスいるー」「あ、イギリスが背中向けてる帰るのかなー」
←もはやイギリスよばわり。写真ではすごくぼやけてしまったのが口惜しや・・・。


朝のタイムアウト!まだつづきますがまた後日・・・(細かく・・・書きすぎ・・・)



徳島レポ①
徳島レポ②←この記事です。
徳島レポ③
徳島レポ④
徳島レポ⑤
[PR]