2004年から2011年12月末までの倉庫ブログです。
by pontika
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
和音の心地よさ。
2010年 12月 20日 |
アルバムOneのボーナストラック「風見鶏」を延々リピートしてた日でした。
最初、タイトルだけみたときは、こぶくろの風見鶏をカバーしてるの?と思ったんですがオリジナルでした。コブクロの風見鶏も好きです。たしか蕾のCW曲だったような。過去記事に感想書いてたので発掘してこよう。
過去記事見つけました。2007年に書いてたのね。2006年くらいかと思ってた。まあ2008年以前という自分の予想は当たってる。あのとき感想くれた方ありがとうございましたvどっちの風見鶏もおすすめv

さて今回は、そんな嵐の「風見鶏」の感想です。

5人全員でずっと合唱してる歌って、実はそんなにないのかな・・?
自分がハマってから何カ月しかたってないので全部の曲を聴きこめていない状態なだけですが、一曲まるまる、ソロパートなしで通す曲って・・・この「風見鶏」が初めてかもしれません(聴くのが)
なんか・・・和音の心地よさをしみじみ感じます。全員で歌いきるにふさわしい曲だわ~。


そうしてずっとウォークマンから風見鶏が流れる中、本屋でテレビ雑誌を購入しました。表紙は嵐。
日立エコ家電のポスターがすごく好きなので、いろいろ出てる雑誌のなか、これを選びました。対談もかわいいvじゅんくんが真ん中の雑誌も気になるけど・・・相方に見せてもらったから・・・な・・・?自重しような・・?


あ、今もアルバムかけてるのですが、ぐるっと一周して「風見鶏」になりました。ん~やっぱいいわ~、和むわ~vv外は寒いが夏気分。夏というか9月くらいの、夏の名残りが残る雰囲気。「夏の終わり・・」って歌ってるしね。

息ぴったり、切れ味がメリハリがいい、といつもどの歌を聴いても思います。
料理に例えると、とても切れ味のいい包丁だね、みたいな(どんなたとえ)
ホウレンソウとかネギとか、しっかり包丁入れないと切っ先が均等にならないけど、それがいつもすごくザックザックと大胆に綺麗に丁寧に切れていくっていう・・・。
絵筆に例えると、毛羽立ってない、綺麗に丁寧に手入れされた筆先で描いてるていうような、弾けるときは弾けてて、でも荒れたかんじは全然ない、っていうような・・・。

やっぱり、和音、ハーモニーの力がすごい。歌が、上手い・・!!
12月はいっぱい歌番組で聴けるので嬉しいですvバラエティでおなかいたいくらい笑わしてくれるけど、歌って踊ってるのを観ると「かっこいい!!!」でいっぱいになりますv

さてさて、寝るまでにあと何回聴こうかなっv
[PR]
by pontika | 2010-12-20 23:48 |