2004年から2011年12月末までの倉庫ブログです。
by pontika
Top
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
それぞれの「不謹慎」感。
2011年 03月 15日 |
相方が紹介していたブログ記事を読んで、私も納得、共感・・・。
ほんとに震災が起こってからは、心の中でいつも「このツイートは不謹慎にならないだろうか」とか「この情報を流すべきだろうか・・やめとこう何かクレームつくかもしれないし」とか思いながら過ごしてました。

「不謹慎」と「正義」の定義は人それぞれだと思います。
その人、そのときの感情、そのときの状況によって変わると。
だから「これは絶対不謹慎だ!」というものはよっぽどの悪意があるものか、よっぽどタイミングが悪いものしかないのでは・・・と思ってます。

「これは不謹慎かな」とか「こんなこと言うと、するとたたかれるかな」「とか「アニメの話題だすのはダメなのかな」とか思って怖くなるけど、でもずっとそうした気持ちでいると知らず知らずのうちに疲れてきてしまう。たった数日前までは「ふつうの日常」だったものが「不謹慎だ」と言われてしまう。「ふつうの日常」が一番今望まれることなのに。

「こんなときにニュース以外の番組を見たりするのは不謹慎だ」と、言ったほうもつらいだろうけど、・・・私も地震直後は本当に「楽しいこと」をするのができなかったけど(相方とのカラオケと嵐観賞会もキャンセルさせてもらったしorzとてもそんな気分じゃなくて・・)でもそれって本当に「不謹慎」?????

なんというか、人がそれを「不謹慎だ」と言うから・思うから、ではなく、自分自身がそれを「自分はこういう考えでこれをしている」という自覚を持って行動することが大事だと思うのです。


人に合わせること大事だけど、人に流されたくは、ない。
[PR]