2004年から2011年12月末までの倉庫ブログです。
by pontika
Top
<   2005年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 09月 30日 |
積読本やらお借りした本やらビデオやらなにやらいろいろでごったがえしてます部屋の中。
どんどんどんどん増えてく本に、部屋の面積も比例して広くならないものか(無理)

週末にまた片付けないと・・・明日仕事だけど!(うぅ・・・マ王!観れない・・・)

今年も残すところあと3ヶ月になりました。
あと92日でどれだけ本が読めるかな。音楽聴けるかな。
とりあえず新潮文庫、あと4冊読んで10冊分のグッズをゲットするのだ!


文庫といえば、角川文庫のブックカバーが今日届きました。アランジアランゾv
早速本にカバーしてます。明日車内で読む本を。・・・中身、角川文庫じゃないけど(ぇ)
ちなみにこれから読む新潮文庫は、杉浦日向子さんの「大江戸美味草紙」です。
古き良き江戸の食文化の本。
こうしてテーマごとに読んでいくと読破数が増えるし読み終わる時間も早いかも。
さくっと10冊読めそうv・・・もしかして、食べ物の本だからかな?!(食い気の所為か)


ブックカバーといえば、今愛用してるものは、マ王!のDVD特典でついてた(アニメイトだけで販売してるやつ)ブックカバーです。
手触りの良い革カバーで、それぞれの登場人物の紋章が入ってます。良いデザイン!
誰もアニメ関連のものとはわかるまい(←おかげで外に持っていける)
有利のは応募しないと手に入らないのですが(とっくに締め切りすぎてるしね)コンラッド/ヴォルフ/グウェンダル/ギュンター/のカバーをとっかえひっかえ使ってます。
スケジュールカバーもブックカバーにしてたり。(だってスケジュール表持ち歩かないし)
[PR]
by pontika | 2005-09-30 23:04 |
2005年 09月 29日 |
最近活字ばっかり読んでる反動か、唐突に漫画が読みたくなりまして。
帰りに二冊衝動買いしてきちゃいました。

Wild half (1)
浅美 裕子 / 集英社
ISBN : 4088720466
スコア選択: ※※※



おぉ・・ベタな展開とキャラだ・・(笑)でもこうゆう人情話は好き。。
ゆっくり読んでいこうと思います。
浅美裕子さんの本は、「ロマンサーズ」が大好きだったんですが、
とんでもない打ち切りで辛かったです;
ラスト、話急いでるな~つめこんでるな~あぁ打ち切りなんだな~・・と。
ジャンプって何であんなにすぐ打ち切り打ち切りなんだろう。
週刊だから?ちょっとでも人気投票とかで落ちたら切るの?
打ち切り近い漫画は雑誌の最後の方のページに掲載されてるような気が。
もっと長い目で見てやれよ~・・・編集部。。・・・もっと続いて欲しかった。


空の食欲魔人
川原 泉 / 白泉社
ISBN : 459211714X
スコア選択: ※※※※

 ずっと気にはなってた作家さん。今読んでる新潮文庫が「食べるもの」シリーズなので、漫画も食べ物関連の本を、と思い購入。
なんか、すごい独特のテンポがあるなぁこの人の漫画は。ギャグでもなくシリアスでもなく、・・不思議な世界(や、異世界ものではないのだけれど)


書籍もくじ*音楽もくじ*アニメ/映画もくじ
[PR]
by pontika | 2005-09-29 23:11 |
2005年 09月 27日 |
ザ・スニーカー 17年7月号 増刊 The Beans VOL.5

どこの書店行ってもないないない・・・・古本屋ですら。
みんな手放さないのは嬉しいですがv

ネットが速くなって浮かれてる所為もあって、
バックナンバーをネットで注文してみました。
ファンサイトさんの感想見てたら読んでたら気になってしまった。。。!!

1~4は在庫切れだそうで。
また微妙に出遅れてハマッてる所為で買い逃すもの多し;
第一作目が出た頃から知ってはいたんだ!
最初の2、3ページ立ち読みしたことだってあったんだ!
・・・・・なんでその頃に読んではまっとかなかったんだ!
と、無茶なこと思ってしまう;
「今」だからこう思うのにね・・。「あの頃」興味がなかったのは「あの頃」だからなのにね。 

それでも、たまには「タイムリーに、始まりのころから出会ってたい」とも思う。
あとからはまると今じゃもう楽しめないこととかあったりするし・・・。
昔は「流行の波にのる/流行のものにはまる」のが
ミーハーみたいで嫌だったんだけど、
好きになったら流行ってようがマイナーだろうが
好きなものは好きになるのだし。
もーちょっと、自分のアンテナ広げていろいろ見てくことも大事かなー。

いつも「なんとなく興味のひいたもの」から好きになっていって
、流行とか関係なく自分のペースで出会っていってるんですが、
マイペース過ぎてもちょっとどうだろう。みたいな。

うぁ。何書いてるんだろう。↑や、強制的に何かを好きになりたいわけではなく。

あ、そうだ。

どうせいつか「好き」になるものなら、「そのとき」がちょっとでも早く訪れるようにしたいんだ。
[PR]
by pontika | 2005-09-27 21:51 |
2005年 09月 27日 |
↑タイトル文はりらっくま風味でお読みクダサイ。
すっかり涼しくなって、眠気全開の郷歌です。。
電車の中で本を読んでてもどんどん意識が混濁してってもう何がなにやら。
どこにそんな言葉が書いてあるんだ?という言葉が目に見えたり(やばすぎ)
目に入ってくるけど頭に入らないので1頁読むのに費やす時間が長い・・。
今日中に一冊読む予定だったんですがっ;てゆうか今月中にあと6冊読むのは無謀ってことか

まぁ。体温も下がってる時期ですから
駅に着いてからは15分かけて家まで歩くんですが、寒くて寒くて・・。まだ9月なのに・・。
ローソンでコーンポタージュ買ってしまったし。飲みながら歩いたら、お腹がびっくりしたらしく家に帰ったら速攻トイレ(情けない!)食欲の秋には程遠いのか今年は。


マイブーム再びのアーティスト
 ユーミンの「春よ、来い」 と 「きみなき世界」 を重点的に、昔ダビングしたテープを聴きなおしてます。ちょっとしたきっかけでまた聴いたら、思わずはまりなおしてしまいました。
秋ですけど、「春よ、来い」・・・・時期はずれもいいとこだけど、気にせず歌ってます(笑)
[PR]
by pontika | 2005-09-27 21:08 |
2005年 09月 26日 |
星新一さんの本5冊を読み終わり、現在10冊景品新潮文庫に挑戦してます。
最初に買ったのが川津幸子さんの「100文字レシピ」だったので、なんとなくこの10冊は食べ物関係の本にしようかなーと決めて、現在5冊目。
池波正太郎さん作品で食べ物に関する本を5冊、池波さん以外で5冊読みます。

100文字レシピ(川津幸子)
 美味しく手軽な料理のレシピがたった100文字に納められています。
定番のおかずからごはんもの、アジア系、パスタ、デザートなどなど、いろいろ。
100文字ちょっと越えるレシピも少しあり。
100文字前後という、超みじかい説明なので要点だけをまとめてますが、
それにも関わらず、いやそれだからこそ、すんなり頭に入ります。

100文字の中から省かれた「料理の下準備」とか「これをこうする前にあれをしないと・・」っていう『手順』は自分で考えないといけないんだけど、そこが書かれていないおかげで反って良い。
全部説明されて丸暗記しないと出来ないかもー!という気負いがないから。
この100文字だけを覚えて、あとは手順やら用意やらを、そのレシピを元に脳内で組み立てていけば出来る!・・・・・と、思う(まだ作っていない←オイ)

面白南国料理人(西村淳)
 第38代越冬隊の一員として、南極ドームで1年を過ごした著者の南極での生活と作った料理の数々を記した本。個性的なメンバーのお話や、苦労話など、面白く可笑しく書かれてます。

むかしの味(池波正太郎)
 著者が食した昔なつかしの東京の味。お店の人との交流。当時の思い出が丁寧にかつ読みやすく綴られています。写真もとても美味しそうに撮られてて(実際美味しいだろう)見てると食べたくなります。どんどん焼き・・・クリームソーダ・・・懐かしい・・・vv

庖丁ごよみ(池波正太郎/料理=近藤文夫)
 著者の長編シリーズ:剣客商売の中で主人公小兵衛が舌鼓を打っていた四季折々の江戸料理を、近藤文夫料理長が作り、そのレシピを紹介した本。鮎の塩焼き、豆茶飯、鰻の蒲焼・・・そのた色々。食欲をそそる写真と共に。



書籍もくじ*音楽もくじ*アニメ/映画もくじ
[PR]
by pontika | 2005-09-26 22:43 |
2005年 09月 24日 |
チョコレート工場の秘密―フィルム・ブック
ロアルド・ダール 柳瀬 尚紀 / 評論社
ISBN : 4566013634
スコア選択: ※※※※※

映画は原作+オリジナルで最高でした!

●あらすじ●
 超貧乏なチャーリー少年の一家。毎日の夕食はいつもキャベツのスープ。
(それしか具になるものがない)
巨大なチョコレート工場は近所にあれど、
チョコを食べられるのは年に一度の誕生日だけ。
そんな中、世界でたった五枚、夢のチョコレート工場を見学できるチケットが配られた!
それはウォンカの板チョコの中に入っていて、それを見つけた五人だけに与えられる幸運。
幸運にもチケットの入ったチョコを手に入れたチャーリーは、おじいちゃんと他の4人の子供たちとその親とともに、ウォンカ氏のチョコレート工場に入ることが出来ました。
その工場で起こる様々な驚くべき出来事・・・!!!

続きは映画か原作本でv

●感想●

原作より面白かった。

まずこの一言感想から。や、原作も良いのですけど。原作にない部分が足されてあって、それが物語のキーワードのひとつになってます。オススメの映画ですv

何よりチョコレート工場の様子がすばらしい!!チョコレートの滝チョコレートの川!
ホンモノみたい・・・vCGじゃなくてちゃんとセット作ったってホントですか・・?!
UFJでこのセットが作られたら絶対行くね!(無茶かな・・)
ジョニー・ディップの演技もすごく面白かったです表情がくるくる変わって目が離せません。
原作のイメージとは違ったけど、これはこれでありかもというか。若いウォンカ氏だ・・。
他の子役達もそれぞれ個性的でした。
個性的といえばやっぱり「ウンパッパ・ルンパッパ人」(映画ではウンパ・ルンパ)
踊りが歌がっっ(大笑)これは、CGアニメでやるのかな~と思ってたので、人間だったのにはビックリでした。でもみんな顔が同じだよ・・増殖はCGなのかな。

吹き替えの方を観たのですが、声優さんがみんな上手いvウォンカの声の人は「くれよんしんちゃん」のお父さん役の 藤原 啓治さんでした。上手いな~聴いたことある声だな~ 最後にテロップで出ないかな~と思ってたら、ラストのスタッフロールに吹き替え声優さんのお名前が出てきましたv工場についていかなかった方のおじいちゃん役が永井一郎さんというのはすぐにわかったんですが(^^;)(サザエさんの波平さんですね)

字幕(英語)も観たいvウンパ・ルンパの歌の英語バージョンはどんなだったのかな~。

書籍もくじ*音楽もくじ*アニメ/映画もくじ
[PR]
by pontika | 2005-09-24 21:43 |
2005年 09月 23日 |
今日からマ王 サントラ
TVサントラ THE STAND UP 坂本タカノリ 吉川洋一郎 / BMGファンハウス
ISBN : B0002B57RI
スコア選択: ※※※※※

「有利のテーマ」と「戦闘」が好きv

アニメのサントラ買うのって、もしかしてGW(ガンダムウイング)以来・・?
(あ、「超・ワタル」を98年に買ったっけ・・)

音楽だけ聴いてても良いですv
アニメのあの場面この場面を思い出しながら聴く楽しさv
よく予告で流れる音楽(「戦闘」)がお気に入り。勇ましい音楽。

「青春~有利のテーマ~」は、
メロディに歌詞つけて勝手に歌ってマス(///▽///);
→ハズカシイコ!!
メロディラインを鼻歌で歌いたくなるようなメロディで、
でも言葉に(歌詞に)したほうがより楽しいかな~と思ったら、
適当に歌詞が頭の中に浮かび上がっておりました。
単純な歌詞しか浮かんできませんが・・・
(つらくても~ がんばっていこ~ みんながいるから~ 
・・・みたいなかんじの。よくあるアニメ歌なかんじの。
もちっとひねくれた・・・深いかんじの歌詞を紡げないものか)

主題歌とエンディングテーマも、
アニメで聴いてCDで聴いて、「あー好きかも・・」って。
この作品の歌じゃなかったら聴いてなかったジャンルの歌だと思うんだけどな(笑)
 
[PR]
by pontika | 2005-09-23 19:07 |
2005年 09月 20日 |
まるマシリーズに出てくる動物キャラの鳴き声が一日中まわる日でした。

エンギワルー!(そういう泣き声の鳥)

別に縁起悪いことは起こってませんが。てか、あの声は森川さんだったなんて!!
そしてモルギフは櫻井さん・・・!!!声優さんってすごー!
[PR]
by pontika | 2005-09-20 23:54 |
2005年 09月 20日 |
中村春菊パニック!の全員サービスプレゼント品届きましたv
絵日記とおこずかいちょう。

以下、まだ届いてない方もいると思うのでしばらく反転で感想書きます。

えにっき
  ジャ●ニカ学習帳風絵日記。表紙はミニマム美咲。うつぶせになって料理の漫画よんでます。そばにはスイカ。パンダの蚊取り線香、なつやすみのドリル。(解答欄マッシロなはず)壁には8月のカレンダー(8/31以外は全て「プール」の予定らしい)31日に宿題をまとめてやる、そのほうがしゅうちゅうりょくがあがるから・・・とのこと・・・)
表紙に「 ねん なまえ     」の欄があるんですが、なまえはいいとして「  ねん」ってどうかけばいいのでしょうか(白紙でいい) 心は高校三年生だけどね!(大嘘)
中身はタイトルどおり「えにっき」なんですが、ろくに書いてません美咲(笑)
とりあえずその植えた種は、あさがおじゃないから!!どう見てもひまわりだから!
花が咲いても「そーゆーひんしゅのあさがおなのかも」っていう美咲(おバカ!)
見開きと最後のページは「ロマンチカ学習図鑑」素敵にジャポ●カをパクってて楽しいv
そういえば「ムツゴロウさんの動物話」とかってあったなあ・・・。
すずきさんの中身はあのひよこだったのか・・・

ウサギと美咲のおこづかいちょう
 キミドリの背景、美咲がレシート見てびっくり、ウサギさんがクマさん(スズキさん)を抱えてしみじみ見てるイラストが表紙。レシート(領収書)の明細は、ありえない高額のくまグッズ数点。  中身・・・ところどころに美咲の書いたページが。時々ウサギさんに誤字の添削されてたり(笑)本編ロマンチカの「いちごづくし」な話にからんでるのも楽しいvいちご関連でいくらつかってるんだ・・・いちごぬいぐるみ、いちごシャーペン、いちごパジャマ・・・・以下略
メモが殆ど、美咲からウサギさんに対しての文句(笑)
ちゃんと、ウサギさんの筆跡と美咲の筆跡違うし。ウサギさんの字、綺麗だな~。綺麗ってか、神経質そうな字だ(笑)本人の性格にぴったりだ。美咲のは元気いっぱい!!ってかんじの。基本的に小学生のときの字と変わってないような(比:えにっきの字)そして絵が下手ね。。それぞれの「声」が聞こえてきそうな字でした。入浴済・・・ぷぷぷ(込みあがる笑い)


書籍もくじ*音楽もくじ*アニメ/映画もくじ
[PR]
by pontika | 2005-09-20 23:14 |
2005年 09月 19日 |
この3日間で、ぷち滋賀観光だったり星新一の本読み漁ったり
まるマにどっぷり浸かってみたり
朝寝坊しほうだいだったりと、
かなり贅沢な暮らしっぷりでした。
あ、ネットも。速い~vv
メールの受信が一瞬で行われるんですが、以前と比べるとありえないくらい。

あと一冊で新潮文庫5ポイント!
天国からの道/つねならぬ話/未来いそっぷ・・・と読破して、
今は「どんぐり民話館」を読んでます。
次は何読もう・・・。

漫画では「愛斜堂」というのが気になってます。新しい辞書を作る話・・・ってどんなだ。
日頃よく引く辞書は国語辞典と類義語辞典。ブログに感想など書く時の必須アイテムです。
[PR]
by pontika | 2005-09-19 20:50 |