2004年から2011年12月末までの倉庫ブログです。
by pontika
Top
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ:タクミくんシリーズ ( 24 ) タグの人気記事
|
|
2005年 08月 01日 |
グレイの文字は、未アップ。後々公開予定です。
・・・もう書けない;;

the Ruby創刊号

暁を待つまで 感想
暁を待つまで感想その2

***********************************************


CDドラマ


☆10thAnniversaryCompuleteEdetion☆

若きギイくんへの悩み

【June Pride―6月の自尊心―】

ギイがサンタになる夜は
バレンタイン・ルーレット
約束の海の下で
美貌のディテイル
緑のゆびさき
・・・・・・・・・・・・・・・・・・




****************


コミックス

裸足のワルツ
2005/9月号感想(美貌のディテイル・・jealousy)
jealousy



****************


原作
彼と月との距離



****************



画集
いつも一緒。(おおや和美さんのタクミくんシリーズ画集)



****************



その他


the Ruby創刊号
暁を待つまで 壁紙ダウンロード

Sweet Bouquet~タクミくんシリーズカレンダー~

予約開始ー!0(>▽<)0タクミくんカレンダー

タクミくんシリーズ全体感想あれこれ


タクミくんシリーズワード祭り(IN 郷歌の空間)



****************





**************

[PR]
by pontika | 2005-08-01 13:26 |
2005年 07月 31日 |
タイトル【緑のゆびさき】(10thAnniversaryCompleteEdition)
時期:3年生編/4月
発売時期:2003年版
キャスト:葉山託生(声:保志総一朗) 崎義一(声:井上和彦)
      真行寺兼満(声:森久保祥太郎)
      津森清恭(声:鳥海浩輔)
      右近 緑(声:関 通利)
      大橋先生(声:関俊彦)

●あらすじ●
3年生、4月。託生は担任の大橋先生に頼まれた温室の手伝いに行く途中、3匹のかわいい仔猫たちと、猫たちをこっそり飼っていた(校則で禁止されている)新入生に出会う。
真行寺と託生と新入生とで、飼ってくれる人をさがすことになるが・・・。

●感想●
 託生とギイが二人でいるシーンは少ないです・・が、偶然に逢えたりする少しの時間は宝物。校内なのに遠距離恋愛気味な二人・・・。めったに逢えない、逢えても必要以上に近づけない、その分逢えたときの甘さったらない・・・(///▽///);糖分過多になりそうなんですがっ;(もう遅すぎか)たわいもない会話から、甘甘な台詞から、糖分補給されてます。
温室で、すれ違うときに偶然を装って触れる手・・・・・(悶死っ・・・・・・@◇@//)←病気です。

 真行寺くん登場☆託生とこの子の先輩後輩コンビの会話って兄と弟みたいだ(笑)真行寺くん、よく懐くワンコみたいでカワイイv翻弄されてる託生も聞いてておもしろいです。
普段、ギイや赤池くんに突っ込まれてる託生だけど、真行寺くんといると託生が突っ込み、真行寺くんがボケ役になってるんだなあ。

 ヤキモチギイくん登場~☆(真行寺と一緒に帰ってきた託生を見て現れた人)
表面上はあの三年生バージョンなんだけど、アルミフレーム眼鏡の奥にメラメラ嫉妬してるのがオーラでわかる(笑)2年のときより余裕のない彼。そりゃあみんな心配するわな~。

 黒猫が不吉だなんて、ほんっとにくだらない迷信だよね!!!!!

書いた日:2005/7/31

タクミくんシリーズもくじ
[PR]
by pontika | 2005-07-31 22:55 |
2005年 07月 31日 |
●あらすじ●
 原作「美貌のディテイル」より【jealousy】をコミック化中。
赤池くん提供の秘密の隠れ部屋での逢瀬から、託生が八津・矢倉・山形の三角関係に巻き込まれて八津にキスされてしまうところまで。
(リンリンに出会うエピソードはコミックスでは割愛されてます)

●感想●
 33ページたっぷり!読みましたそして買っちゃいました雑誌!(立ち読みで済ますつもりだったのに・・・)今月号、表紙がタクミくんだったのですが、先先月号の予告ページの絵と同じだと思ってて、「表紙の絵はわかってるから、立ち読みだけで済ませよう」としてたんです。
でも、でもでも!!表紙ちがう!新しく見る二人!!(@◆@)///←なんて顔だ
迷ったあげく、相棒と出かけた帰りに「・・・・・あたし、やっぱ買って帰る」「・・・・買っといで」地元の本屋で買ってきました。これ一冊だけだと恥ずかしいので他に何冊か買って;

うん、やっぱりおおやさんの漫画って素敵☆微妙に変わる感情の変化とか、表情とかが繊細で綺麗です・・・vv3年生バージョンのギイくんもだいぶ見慣れました。最初見たときは「誰?」と思ったけど、ギイはギイでした。というか、託生と仲直りして、二人だけで居るときの彼の表情が2年生のときの屈託のない顔に戻ってて、嬉しい。託生に感情移入してるのか私しゃ。
今は、あの伊達眼鏡をかけててもかけてなくても、「ギイ」だって思えます。

扉絵の月明かり窓辺の二人が・・・っ!(T x T)
3年生になってからの、なかなか逢えない二人の、ひとときの逢瀬。一秒も無駄にしない、君と一緒にいたい―・・・そんな想いを抱いてるような気がしました。とても綺麗な絵です。

原作読んで、内容は知ってるんですが、コミックスであらためて読んでもわくわくします。
続きまちどおしいv

タクミくんシリーズもくじ
[PR]
by pontika | 2005-07-31 00:23 |
2005年 07月 30日 |
鳥海勝美さんの託生と、和彦さんのギイ。
青木誠さんの託生と、置鮎龍太郎さんのギイ。
「Sincerely・・・」「美貌のディテイル」「緑のゆびさき」「Farewell」
「そして春風にささやいて」「CANON -カノン-」「「June Pride/若きギイくんへの悩み」


二階のCD売り場のところにずらっと↑並んでまして、どうしようかと迷ったあげく、
買いませんでした。
だって、キャスト違うんだもん・・・・。和彦さんのギイのCDは最後まで迷ったけど、託生が保志さんじゃないし。置鮎さんギイって、きっと合ってるんだろうけど、私にとっては和彦さんのギイがギイだし。聞いたところで2003年版が帳消しになるわけじゃないんだけど、
こっちのCDは買えませんでした・・・・・。
う~ん、普段「喰わず嫌いにはなりたくない」「いろいろ好きになりたい」と思ってる言ってる自分ですが・・・・・、。どうしても譲れなかった。なんかダメ。和彦さんのギイで、声の違う託生くんと話してるの聞くのはギイが浮気してるみたいでイヤなんです・・・・。和彦さんギイと保志さん託生を聞いた後の私では。
たかが「お話」のことに何をこだわる自分・・ってことも思うんですが、どーしてもダメでした。

これから託生くんシリーズCDを聞こうと思ってる方、キャスト違いでも大丈夫!という方は、
まだお店にあると思いますので、足を運んでみてください。
やっぱ、本当にほしい人に買ってもらうのが一番いいよね。

まんだらけのホームページでお店の場所確認するにはこちらから。

タクミくんシリーズもくじ
[PR]
by pontika | 2005-07-30 22:29 |
2005年 07月 30日 |
日参しているタクミくんのイラスト・漫画サイトさんの日記を今見るまで、すっかり失念してました(おいおい・・・)なんかごろあわせがないと覚えられないのか私しゃ!!!
(どこかの生臭坊主のように「いい肉の日」(11/29)とかさ、「こどもの日」のワタルとかさ、エイプリルフールのヒミコとかさ・・・)

とにかく、1日遅れだけど「誕生日おめでとうギイ~v」(遅い・・・;)

ちなみに「今日からマ王!」の主人公ユーリくんの誕生日と同じ日だそうで。
マ王、和彦さん出てるから見なきゃ!土曜の朝でも起きるさ!


タクミくんシリーズもくじ
[PR]
by pontika | 2005-07-30 08:19 |
2005年 07月 21日 |
約一ヶ月に渡ってアップしてきた、【関心空間・タクミくんシリーズ関連キーワード祭り】ですが、
7/21UPの5点、一ヶ月で計20ワードになりましたのでひとまず新規キーワードアップは終了
です。1ページに表示される数が20個なのでキリがいいかな、ということで。
これから一ヶ月くらいは、アップしたキーワードに関連リンク(他の関心ユーザーさんのキーワードをリンク)を貼っていきますので、私の拙い記事よりもそちらをご覧くださいませ♪

 6月半ばごろ(?)にこの企画を思いついて、今日になるまで、長かったような短かったような。
前半は、図書館行ったりネットで調べたりする作業がメインで、いろいろ文献参考資料集めるのが楽しかったのですが、中盤はネットでコーヒー頼んでみたり画像アップのためにお花買ってみたりチョコ食べてみたりいちごミルク片っ端から試してみたりと大変美味しい作業でした。
キーワードアップするまでが楽しかったのですよね。
でも最後の5ワードは、アップしてからが楽しかった!
ニューヨークと静岡(ギイの故郷・託生の故郷)は、いろんな関連キーワードリンクを貼るために
アップしたようなものなので、アップしてからいろんなリンクを貼れて、知らないことを知ることができたのがすごく楽しかったですv何か今回、今までで一番感想もらえたしね☆いろんな関心ユーザーさんのとこにリンク貼りまくったからな~。

 
[PR]
by pontika | 2005-07-21 23:33 |
2005年 07月 09日 |
タイトル【若きギイくんへの悩み】(10thAnniversaryCompleteEdition)
時期:2年生編(5月)
発売時期:2003年版
キャスト:葉山託生(声:保志総一朗) 崎義一(声:井上和彦)
      赤池章三(声:桐本琢也)

●あらすじ●

 出会いの4月から一月、中間テストを控えた5月の半ば。このところギイは託生に授業中でも構わずに「愛してる」の大サービス。晴れて両想いになれた二人だが、まだ託生の人間接触嫌悪症は完治したわけではなかった。
ギイの想いを受け止められない託生。軽い口調の中に本音を押し隠すギイ。
そんなある日、託生はギイが3年生と賭けをすることを赤池くんに教えられ・・・。


●感想●
 ギイのお父さんの秘書・島岡さん曰く
『義一さんは託生さんのことになると恋愛の初心者みたいになってしまう』(約束の海の下で)
らしいですが、まさにそんなかんじなギイくんでした。今回のお話は。
ところかまわず「愛してる」のオンパレードだったり、パスポートを賭けて託生にプレゼントを用意したり。
冷静で切れ者のつわものの彼ですが、託生のことになるとかなり焦りが出るというか無謀なことにチャレンジするところとか、聴いていて、切なかったり「若いねぇ・・」としみじみ思ったり(年寄りくせぇ・・)
 焦りっていうか、パスポートとエメラルドの原石を賭けた彼は、ちょっと投げやり気味というかんじがしました。おいおいパスポート無くしたらここ(日本)にいられないだろ!託生の傍にいられないだろ!早まるな!というかんじで。
まぁ負ける気はしなかったかもだけど。こうやって一途にプレゼントあげたりさりげなく本音を小出しに出したり、じりじりと託生の心に近づいていってる(でも受け止めてもらえない)片想いギイくんがかわいいv

 託生の人間接触嫌悪症、この時点ではまだ完治してないようです。でも、スポーツテストの賭けの一件から、少しずつ治ってきているようで、その時間の流れが自然にわかってきて、違和感がないのが素敵な話の流れだと思いました。
この流れで『June Pride~6月の自尊心~』 に繋がっていくのね~♪

聴き処はもうひとつ、赤池くんと託生の会話ですv お互いにまだまだ「やっかいな奴」 「コワイ風紀委員」というイメージを相手に抱いている二人のとげとげした会話が面白いです(笑)今でこそ「良き理解者兼保護者的立場」な赤池くんですが、
この頃の仲良くなる前の様子と比べると、なんだか嬉しいvいい友達になれたよね~v
スポーツテストでギイを応援するために赤池くんに協力を依頼した託生。驚き呆れつつも託生の真剣さに心を動かされ協力する赤池君。託生に対する印象が、彼のなかでこのとき確かに変わった気がします。
「やっかいな奴」から「やっかいで心配かけさせる(ほっとけない)奴」に変わっていったような。


春・五月晴れの午後。勝負の結果は―――晴天!

                       書いた日:2005/7/8/F


タクミくんシリーズもくじ
[PR]
by pontika | 2005-07-09 23:32 |
2005年 07月 07日 |
タイトル【ギイがサンタになる夜は】(10thAnniversaryCompleteEditon)
時期:2年生編(12月クリスマス近く)
発売時期:2003年版
キャスト:葉山託生(声:保志総一朗) 崎義一(声:井上和彦)
      赤池章三(声:桐本琢也)

あらすじ
クリスマス前の土曜、街へ買い物に出かけたギイと託生。ひょんな痴話げんかが元で別行動になった二人。門限時刻を過ぎても帰らないギイが心配な託生だが・・・。

感想
まぁ、まず一言。託生と同じですが。
3万も持っててたかが千円の靴を買い渋るなよギイ(笑)
でもこの時点ですでにあのプレゼント計画があったのかしら。いつから計画たててたのかなエンターティナーギイくんは。

お話としては特にこれといった事件があるわけではないのですが(や、ギイが風邪風邪引いたのは結構な事件なのか)登場人物の会話が楽しい一枚です。ギイと託生の痴話げんかとか、託生と赤池くんとの保護者&被保護者のような会話とかⅴ
赤池君、なんだかんだいって二人の味方なところが好きさⅴ
バスの中での託生との会話とか、ギイの帰りを待ってる託生を温かい寮の中に帰るように説得する姿とか、自然に保護者じみててたのもしいというかあたたかいというか。

 風邪引いたギイの声が、本当に風邪引き声そのものでビックリしました。さすが井上和彦さん。ちょっと掠れた声とか、もぅたまらないです・・・・・(>///<)どきどきどきⅴ
治っていくにしたがって、ちょっとずつ元にもどってくところもうまいなあと思ったり。

 赤池くんにヤキモチやく託生がかわいいⅴ恋をすると今まで知らなかった自分に気がついたりなったりするものだよね・・・。「章三くんには奈美子ちゃんがいる×3」と唱えて溜息をつく姿がかわいいですⅴここ、コミックス版でもとてもかわいいⅴ

ラスト、サンタギイへのプレゼントは想像すると本当に綺麗で素敵ですⅴ
でも木に登って3階の窓から飛び移るのを思い浮かべると恐ろしい(こんなところで現実感が)
最後の「サンタがぼくに、キスをした」 でしめくくられるのが、ドラマの演出としてすごくよかったⅴキリがいいというかシメがいいというか。気持ちのいい終わり方で。長いお話ではないけれど、中味がいいから「ああ聴きこんだ~」って気持ちにさせてくれるのですね。
ごちそうさまでしたⅴ

                       書いた日:2005/6/17/F

タクミくんシリーズもくじ
[PR]
by pontika | 2005-07-07 22:44 |
2005年 07月 06日 |
先日届いたCDドラマ感想もだけど、10thAnniversaryCompleteEdethonのほうを先に書ききらないと我;好きすぎてまとまった文章にならないかもだけど、もう書きます。

タイトル【約束の海の下で】(10thAnniversaryCompleteEdition)
時期:2年生編(3月春休み)
発売時期:2003年版
キャスト:葉山託生(声:保志総一朗) 崎義一(声:井上和彦)
      島岡さん(声:田中秀幸)

あらすじ

3年生になる前の春休み、託生はギイと、彼のニューヨークの実家へ行くための飛行機に乗っていた。託生の叔母さんが懸賞で当たったニューヨーク往復チケットを手に。
3年生になれば寮の部屋は必ず別々になってしまうため、ふたりきりでいられるめったにない旅行のはず、だったのだが・・・?

感想

出た!記憶喪失ネタ!定番なネタですが、すっごく好きですこの話。
ギイの痛い心情が、和彦さんの演技で切々と伝わってくるんですよ・・・(泣)
「そんなこと云うなよ傷ついたぞ」なんてあからさまには云わないけど、返す言葉の端々に動揺が見え隠れ。表面上は笑ってても目が笑ってない様が想像できます。
つーか、痛いといえば託生の台詞とギイに対する警戒心。原作でもコミックス版でも読んだけど、声で聴くとまた・・・。自分が言われたわけでもないのに「ウッ;;」ときます。
ひ・・ヒドイ(=▽=;)
(・・・・・いや、確かにいきなり目が覚めてすぐそばに日本人離れした容貌の男性がいて更に自分(男)にキスしよーとしたら驚くか;でも恋人に「外人」・・ものすごく自分からは遠い存在、わけわかんない存在よばわりされたらやっぱ傷つくと思うのね・・)
 
それでも何かと優しく気遣うギイ・・片想いギイくんは聴いてるこっちまで切なくなりました・・。

再会(=記憶取り戻した)場所は、ニューヨークの自然史博物館・鯨のいる海底のエリアにて。このシーンがもぅ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(><)台詞も作中の場所も演技も全部、抱きしめたいくらい素敵で・・・!!!自然史博物館、行きたくなりました(行けるものならばっ)

海底にいるような錯覚を起こすよ
お前と二人で見たいな
この暗闇の中に居ると、ここに・・・腕の中に恋人が欲しくなる

ラスト、記憶を取り戻してからの二人は砂を吐くほど甘いです(いつものことか?)
ギイが託生に渡せたプレゼント。「あげた」という気持ちじゃなくて、「受け取ってもらえた」「受け取ってもらって嬉しい」という気持ちを持ってるギイが・・好きです。「ありがとう」の言葉が、貰った方の言葉でもあるけど、受け取ってもらった方(贈り主)の言葉でもあることに、感動。

                     書いた日:2005/6/11/Sat

タクミくんシリーズもくじ
[PR]
by pontika | 2005-07-06 14:28 |
2005年 07月 05日 |
タイトル【バレンタイン・ルーレット】(10thAnniversaryCompleteEdition)

時期:2年生編(2月)
発売時期:2003年版
キャスト
:葉山託生(声:保志総一朗) 崎義一(声:井上和彦)
      赤池章三(声:桐本琢也)  三洲新(声:石田彰)
      片倉利久(声:岩田光央)  野沢政貴(声:杉田智和) 
      高林 泉(声:宮田幸季)駒沢 瑛二(声:永松寛隆)
      吉沢 道雄(声:桜井孝宏)  他

-それは、一枚のチョコレートから始まった-

あらすじ
先に感想を書いた「美貌のディテイル」とはうってかわって、コメディストーリーです。
男子校の寮内、寮生の部屋の机の上にちょこんと載せられたバレンタインのチョコレート。送り主不明の謎チョコを、赤池くんが目撃したところからルーレットが始まります。

チョコの行方
ドラマを聴きながら考えていても途中で「???」今どのチョコが誰の手に渡ってるんだっけ?と、こんがらがってしまいます(笑)でも楽しい。
今ここに誰がどういう行動をしてどのチョコがどう回ったのか書いてみようとしましたが、やっぱりこんがらがったのでやめました(爆)
感想
 ・1人1人のモノローグが多いのでそれぞれの声優さんのファンの方は楽しめると思います。泉役の宮田さんのコメントで「一人一人スポットが当たって、舞台の脚本みたい」とありましたが、まさにそんなかんじ。全体としてやっぱりギイと託生のお話なのですが、みんなが主役でもある話。それぞれのキャラの性格と想い人に対する気持ちが伝わってきます。(赤池くん山下くん除く(笑)恋人の机の上に、正体不明の「告白」(チョコ)があったら、そりゃ慌てるわな~。

 ・台詞の言い回しでいつも笑ってしまうのが、三洲くんと太田くんの会話のトラック。
綺麗好きで凛としている風紀委員長・赤池くんについての太田くんのコメント
「だって赤池かっこいーじゃんココォの人孤高の人)ってかんじでさぁ!」
 特に笑わせる台詞でもないと思うけど、何故だかツボにはまる(笑)

 あと、野川級長と山下くんの会話も。
山下くん「きゅ~!!(↑)ちょ~(↓)!!(級長)わーかってくれよォ;;0(T■T)0」
 上へ下へ声が裏返るのが面白いです。
ああ字にするとわかりづらい・・・;聴いてください、興味をもたれた方~。
声優さんってすごいな、としみじみ思います、ドラマCDやアニメ見聞きしてると。
声の心地よさ、綺麗さ、韻を踏んだリズム感のある言い回し。何度も何度も同じところを聴きたくなるのはそのせいでしょうか。特にドラマCDなどの映像がないものだったりすると、上手い人ほどクリアに情景が浮かぶので世界に入りやすい。(最近本を読むときに好きな声優さんの声を想像して読んでます。楽しいv)

 ・これを聴いて、野沢くんと駒沢くんの原作話「恋文」を読み返したくなりました。このCD一番のバカップル(笑)ギイも「ハイハイハイハイ、聞いたオレがバカでした」と呆れる、砂吐くような甘さ!アテられました。どんな寒さでも二人でいればあったかそう。(<寒いけど、寒くないな)

 ・最後の〆はギイと託生で。不二家のハートチョコレート見るたびに思い出しそう。甘!!!

               書いた日:2005/5/28/Sat


タクミくんシリーズもくじ
[PR]
by pontika | 2005-07-05 14:45 |