2004年から2011年12月末までの倉庫ブログです。
by pontika
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ドラマCD 裏・今夜はマのつく大脱走! 感想
2005年 10月 26日 |
聴きました。

いろいろすごかったです。

あああああ・・・(もうどうしていいかわからない/面白すぎて)

以下、ネタバレ感想です。


裏・今夜はマのつく大脱走!【元祖ごーじゃすVer.】

1 プロローグ

「本家」とは違う台本なんですね。
視聴が出来たのは本家だったので二度おいしいv
勝利兄ちゃんが前回よりバカ兄貴になってて可笑しい(笑)
私、まるマ占いで勝利だったんですよね・・・。
えー、コンラッドじゃないんだー、と
自分の結果にぶーたれてたけど、この兄弟のやりとり聴いてたら、
「・・・勝利かなあ私;」と思いました・・。
うんうん、「お兄ちゃん」って呼ばれたいよね!
あたしも妹に「お姉ちゃん」て呼んでほしいよ小さい頃のようにさ!(哀)

2 水族館も危険がいっぱい

これは「本家」と同じ。でもこの台本好きー!(>▽<)/
ムラケンに昔の古傷を知られてて
慌てふためく有利がかわいいvてかかわいそう・・;
「好きな彼女」の話として、実は有利に自分の正体を告白するかどうか
ほのめかしてる台詞にはドキドキしました・・;

うん。―――期待してる

・・・この台詞に込められた想いを有利はまだ知らない・・・。


3 暑い砂漠をはるばると

出た!砂熊!ユーリの「ヴォルフラム!!」って
切羽詰った呼びかけがカッコいい!
コンラッドも、焦ったときは素に戻って「ユーリ!!」って言うし☆
名前を呼ぶ声って好きだなあ。ドキドキする・・・ ;(///▽///);

4 たのしい砂熊一家

ライアンと砂熊ケイジの運命の出逢い(笑)
ひたすら「ナ●シカ」ネタ満載でしたね。
ライアン・・・男のツェリ様?!
(=愛の狩人。砂吐きそうな甘い台詞のオンパレード!)
大塚さんの砂熊パパがすごかったです。
すっごいうきうきして演ってたんだろな(笑)
斎賀さんのユキジちゃんが可愛すぎる!!
ぎゅvぎゅvぎゅvんターvって抱きしめたいくらいv

しかしこんだけ長いドラマになってるとは!

ヴォルフが一人、砂熊の穴の中で泣きべそかいてる姿が可愛すぎでした。
あああ、泣きそうなのはあなたですから!
コンラッドが来てくれてほんとはうれしいくせにーv
「コンラート、・・・助けにきてくれて、ありがとう・・・」
小声でもちゃんとお礼言えるようになったのは、すごい進歩だと思う。
コンラッドの「はいはい」が愛情こもりまくりだvおにーちゃん素敵よv

5 砂漠で野宿

前半はグウェン&ユーリのしんみり会話。
原作でもマニメでも大好きなこのシーン、より掘り下げてくれてて素敵☆
大塚さん良い声・・・vv
「グウェン」って、愛称(?)で呼ぶのがイイのだ♪
お互いの兄弟談義に花が咲く咲くv
同じものを見て笑いあえるということは、

心を許しあっている証拠だろう。

何も困難だけが絆を強くするものではない


うん、うんvそうだよねv

後半は。・ ・ ・ ・ ・。(可笑しすぎて面白すぎてもうどうにも。あああ・・・)
ひー!どんどんグウェンが壊れてくー!!(大笑)
寝言・・・!寝言・・・!!!(もうどう感想書いたらいいのか)
恐る恐る突っ込みいれるユーリにも笑えた。
う・・・わー・・・(今聴きながら書いてます)
家族・・・家族・・・ほんとにどこだろね(笑)

これ、いつまで続いたのかな・・・。無理矢理起こしてそうだユーリ。

6 大きな砂熊の穴の中で

次男と三男の会話vv
なんかこの二人がしゃべってるだけでうれしいのは何故v
コンラッドのおにいちゃんぶりが、何度聞いても素敵ですv
蝙蝠?鳥?の羽ばたきに驚いて次男にしがみつく三男ー!!
(可愛い可愛い)

7 さてその頃の眞魔国

グウェンに続きこちらも壊れてるキャラ・ギュンギュンギュンター。
アニシナさまはドラえ●ん?!
いつでもどこでも・・・>ってソレ、ストーカーですから!アニシナさまー!
突起物てゆうな突起物て(=▽=;)

8 妄想が大暴走

ヴォルフ、想像力豊かですね~。てか、誰だよこの二人!?
ってなグウェンとユーリ;
二コラほど天然な人はいないと思う・・・。
・・・うわわわわ;花が散ってるよ絶対この妄想グウェン&ユーリ;
一人冷静なコンラッド。「あ、転んだ」←ここの言い方がおもしろーv
一人自分の妄想に打ちひしがれてるヴォルフ。
ここ、「本家」じゃまた違うみたいですね。やばい、本家も聴きたくなってきた;;

きゃー、妄想だってわかっててもなんかドキドキしてきたよこのグウェユ!!!

9採掘場の中心で愛を叫ぶ化物

グウェンが初めて「ユーリ」って言ったのかな、この話で。(/// v ///)
↑もいいけど何より「私の王は」ってのが!!!
「私の王は 私に自分を止めろと言った。
道を間違えて、過ちを犯しそうになった時には」


グウェン、ヴォルフ、ユーリ。
苗字や尊称じゃなく、お互いに信頼しあってるのが、
ふとしたときの呼び方でわかる。

絆は深まってるんだ・・。

ラストのコンラッドとユーリの会話が好きv素敵v
ユーリのいいところがすごく出てる。
何度でも何度でも何度でも聴きたい。

10帰りたいのに帰れない

ヴォルフの妄想再び。てか誰だ!!
ユーリが実際こんなだったら嫌だろヴォルフも・・。
ホントのユーリとのギャップが大きすぎます(笑)
妄想のなかのヴォルフも。

背中に書く愛の言葉・・・って、ひゃー!!!
(砂とか土とか砂糖とか吐けそうだ)

11エピローグ

今回もムラケンズでエピローグ。ムラケン元気すぎ(笑)
アシタマ!・がくせになりそう。
あ、明日マ、まだ注文してないや。これかいたら注文しよう。


12裏・今夜はマのつく大脱走キャストコメント〈元祖ゴージャスVer.〉

お題は「大脱走したい瞬間」
・・・・みなさん「今」「今」「今」・・・・・。
同じコメントでどれだけ面白く話弾ませられるか、話術に挑戦してるようでした。
もっといろいろききたかったなー。

以上、ドラマ感想でした!書き下ろし小説はまだ読んでません;これからー;
[PR]
by pontika | 2005-10-26 20:39 |